細マッチョとゴリマッチョのどちらが筋力が強いのか考察します。

ゴリマッチョが強いとは限らない?

そもそも”強い”とか”筋力”の定義が難しい部分はありますが、重い重量を上げるということに限定して考えると、細マッチョよりもゴリマッチョのほうが強いとも言い切れません。

もちろん、筋肉が多ければ多いほど、発揮できる出力は単純に大きくなります。ただし、体重70kgそこそこでもベンチプレス200kgを上げるような人もいるわけで、取り組んでいる競技やトレーニング方法によって強弱は変わってくるのかなと思います。

ベンチプレスだけを専門的にトレーニングするベンチプレッサーや、スクワット・ベンチプレス・デッドリフトとの三種目の重量を競い合うパワーリフターにとって、体重を増やすことはリスクでもあります。

体重によって階級が変わってくるため、下手に増量すると不利になることもあるのです。そのため軽量級のパワーリフターの中には、細身でありながらも信じられないほどのパワーの持ち主が少なくありません。

ゴリマッチョのほうが細マッチョよりも筋力があるとは必ずしも言い切れないのです。

やはり筋力が強いのはゴリマッチョ

とは言っても、やはり最終的にはゴリマッチョのほうが筋力があるという結論になります。同じパワーリフター同士の重量を比べてみると、個人差はあるものの重量級の選手のほうが重い重量を上げていることが多いです。

筋肉が大きいから稼動域が狭くなり、その結果挙上重量が高くなるという見方も、ベンチプレス種目に限っては言えますが、それを差し引いても重量級の方が筋力が大きいと言えそうです。

筋力を高めるほうを選ぶか、モテる体を選ぶかは目的次第ですので、どんな体を目指したいのかを明確にして体つくりに取り組みましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *